ボーダーコリー クローバーとの時間

大好きなボーダーコリー、クローバーとの岡山での毎日をブログにつづります。

*

近所のお年寄りの伝達役

      2016/01/06

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


この辺は田舎なのでお年寄りが多い。

いつも散歩に行く公園では、グラウンドゴルフの練習や大会をやっている。

あるおじさんで、すごく集中して一人で練習をしている方がいる。

目があえば挨拶を交わす程度。

私も公園の常連で、車や駐車する場所で誰だかすぐに分かる。

「あ、あの人が来ている。」

公園に入っていくと、今朝も練習にきていた。

クローバーとお散歩していると、公園に向かって道路をおばあさんが散歩をしていた。

私たちがいるところからだと見下ろして見ることができる。

「トムちゃん、おる~」「トムちゃん~」「おる~」

おばあさんが公園を見上げて何度もよんでいた。

クローバーは、おばあさんが気になってじ~と見ている。

私もおばあさんの方を見ると、「こんにちは、トムちゃんおるかな~」と、話しかけられた。

もしかして、あのゴルフの練習のおじさんのこと?

戸惑っていると、「清野です~。トムちゃんおるかな?」といわれた。。。

???

おばあさんの足では公園まで上がってくるのには時間がかかる。

もしかして、私に呼んでこいと言っているのか、いちかばちかあのおじさんに声をかけてみよう。「清野さんですね。話してみます。ちょっと待っていてください。」

するとおばあさん、「すんません、人が来たもんで、お願いします。」

人?来客があったから呼びに来たのかな?

とりあえずあのおじさんに伝えに行った。

ゴルフのおじさんに「こんにちは」と話しかけるが気が付かず、やっと私に気が付いても耳が遠くて聴こえない。

近くまで行って挨拶を交わし、「清野さんですか?」と聞くと、「はい。」

いままで強面の方だと思っていたのがこれで分かった。

これだけ近くに行っても聴こえないんだ。

「奥様が、呼んでいます。人が来たそうです。そこの道路にいらっしゃいます。」と何度か言って通じた。

そしてまたおばあさんの方へ戻り、「伝えました~これから帰るそうです。」と状況を伝えた。

私は何をしているのだ。

まったく知らないご主人と奥様の伝達役をした。

このやり取りの間、クローバーも行ったり来たり。

この辺の人はみんな親しい関係なんですね~

枯葉の道で

そういえば、今思うと、トムちゃんだったのかトモちゃんだったのか?

あれだけ耳が遠かったらおばあさんの呼びかけは到底公園には届かなかったよな~

どこからやってきたのか、おじいさんがここへ来ていることを知っていてお客さんが来たからここまで歩いて呼びにきたんだな~

お客さん待っているだろうな~

お年寄りのすることは面白い。

 

クローバーは、ブログのランキングに参加しています。
下の画像をクリックして、クローバーを応援してくださいね♪

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

 - いろいろ , ,

お気軽にコメントくださいね ♪

 「私はロボットではありません」 をクリックしてから、送信してください。
 管理者の承認後、コメントが表示されます。ウェブサイトは任意です。

       

  関連記事

川べり
新しい道発見しちゃった~

久しぶりに足を伸ばし、川沿いの散歩コースに行きました。 ここは広くて、長くて、人 …

角
角が気持ちいい

今年のゴールデンウィークはお天気がよく、行楽日和でした。 終わってみるとあっとい …

お正月飾り
年末の大掃除&お正月の準備

年末。 毎年バタバタして、大掃除だの洗車だの年末の準備、お正月の準備と忙しく過ご …

ロビン君家と
涼しい時間にお散歩に行きたい季節になりました。

最近すごく暑くなったので、夕方5時前後の時間にはお散歩には出れなくなりました。 …

まっすぐ
犬の十戒

この間動物病院に行ったときのこと。 待合室の天井にテレビがついている。 待ってい …

外を見る
多分、リビングから落ちちゃった、とんだハプニング。

今日の日中のクローバーですが、とんだハプニングがありました。 クローバーが、リビ …

バド3
バドミントン大好き!

待ちに待っていた公園の草刈を、今朝シルバーさんがやってくださっていた。 11月に …

楽しそうだな~
自分も仲間に入っているつもり

お姉ちゃんのお友達が来て、テレビゲームで盛り上がっていると、クローバーだって入り …

室内でボール
人類が終わるような瞬間

昨夜、3時22分、ものすごい音にビックリしました。 北の方角、ヅドドドーと、大き …

クローバーは女の子
クローバーは女の子

クローバーは、何色でも似合います。 特に、かわいいピンクが合うような気がします。 …